top of page
  • 執筆者の写真高森明勅

憲法よりも皇室の歴史と伝統を優先せよという意見の頓珍漢さ



先日、ある国会議員の集まりに顔を出して、少し驚いた。

女性天皇に二の足を踏む議員からこんな趣旨の意見が飛び出したからだ。


「憲法に杓子定規にこだわるよりも皇室の歴史と伝統を重んじるべきだ」と。

これは恐らく“門地による差別”を禁止した憲法の規定を目のかたきにした発言だろう。


しかし、憲法を重んじること自体が皇室の大切な伝統である事実はご存じないらしい。

しかも、皇位継承資格を「男系男子」に限定するのは、別に皇室の伝統ではない。

明治の皇室典範以来のことで、それも側室制度と“セット”の話だった。現在の、側室制度なしで非嫡出子·非嫡系子孫の継承可能性が排除されながら男系男子限定維持という無理筋な在り方は、まさに前代未聞。昭和の皇室典範から始まった全く新しいルールに過ぎない。


それにしても、この議員は憲法を軽んじる余り、その条文に目を通してさえいないらしい。 

憲法第99条にこうある。 


「天皇又は摂政及び国務大臣、“国会議員”、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負う」(条文中の「公務員」は“及び”の後の「国務大臣」以下を受けるので念の為)と。

しかも、この国会議員が立憲主義を標榜する政党に属しているとなると、ブラックジョークにもならない。


追記

先日のゴー宣DOJOは、早い段階で運営側にお伝えしていたとはいえ、第1部しか参加できず残念だった。今後は、7月に皇位継承問題をテーマとするやや大きめのイベントが計画されているようで、中身は一切知らないが、もし私にもお役に立てることがあれば参加するつもりだ。


このイベントに先立つ6月には、既に国会で皇位継承問題を巡る一応の決着を見ている可能性もある。その場合、僅かでも次に繋がる成果を得て祝福的なムードになるか、それとも惨めな敗戦後の戦線立て直しに向けての第1歩になるか。それは勿論、今からの努力次第だろう。

Comments


bottom of page