top of page
  • 執筆者の写真高森明勅

近況一端、ゴー宣DOJO·高森稽古照今塾など


近況一端、ゴー宣DOJO·高森稽古照今塾など

備忘録的に近況の一端を。


2月1日、朝日新聞の取材を受ける。

珍しく皇位継承問題ではない別のテーマ。1つのテーマを長く追い掛けている記者だけあってディープな情報を掴んでいる。取材内容については、まだ公開すべきではあるまい。


2月10日、ゴー宣道場改め「ゴー宣DOJO」。

これからはエンターテイメント路線に切り換えるという。より広範で多数の人たちへのアプローチに繋がって欲しい。但し私自身は、エンターテイメントを楽しむのは好きでもスキルは皆無。

なので、多芸多才な人たちに任せたい。いきいきとした発信力を保つには新陳代謝が大切だ。


この日のテーマは「安倍政権と以後の政局」。

政治を語る際の切り口として、「政策」と「政局」という2つがある。しかし、この2つの違いについて意外と無関心だったりする。そこで、この点の初歩的な整理から始めた。第1部だけしか参加できないので、現在、進行中の政局への私なりの分析と(今が政局のど真ん中であることすら気付かれていなかったりする)、後半の議論のベースになりそうな基本的な視点だけを提示して、会場を離れた。


準備と運営に当たって下さる有志に感謝。


同日、高森稽古照今塾。

終了後、塾生のうち希望者数名に限定して懇親会。

Comments


bottom of page