top of page
  • 高森明勅

上皇陛下のお誕生日に当たり平成時代の中国ご訪問を振り返る(1)


上皇陛下のお誕生日に当たり平成時代の中国ご訪問を振り返る(1)

12月23日は上皇陛下の89歳のお誕生日。

確かなご年齢が分かっているこれまでの天皇の中で、最もご長命でいらっしゃる。


心からお祝い申し上げると共に、長年にわたる国家・国民へのご献身に尊敬と感謝の誠を捧げ、末永いご平安を祈り上げる。


この機会に、先頃、外務省が上皇陛下の中国ご訪問などに関わる平成3年の外交文書を公開した

(12月21日)ことが報じられたこともあり(但しご訪中自体は平成4年10月23日~28日)、

その際に示された上皇陛下の際立ったご見識をかいつまんで紹介しよう。


この時、中国は「天安門事件」への自由主義諸国の経済制裁に苦しんでおり、その打開策の1つとしてわが国の上皇陛下のご訪中を画策していた。当時の宮沢内閣(宮沢喜一首相、加藤紘一官房長官)は、国内の強い反対を押し切って、それを無理やり実現させた―という経緯がある。


私も微力ながら反対運動に携わり、産経新聞に全面広告を打ち、大がかりな反対集会を開催するなど、様々な取り組みを進めた。ご訪中の閣議決定がなされる当日、ガスボンベや火炎ビンを積んだ小型トラックが首相官邸に突入を図って炎上する事件も起きた(この件には私は一切、関知していない)。


そうした中、上皇陛下が中国に出発される前の記者会見(平成4年10月15日)で、ご訪中を推進したメディアから次のような質問が出された(おそらく朝日新聞だったか)。


「ご訪中をめぐって反対意見がありました(が、それをどう捉えておられますか?)」


この質問は、既にご訪中が決まり、これからまさに出発される直前という条件下において、上皇陛下がやんわりとでも、(私共が表明していた)「反対意見」に対してネガティブなご姿勢を示されることを期待したものだったはずだ。ところが、上皇陛下は質問者の意図を正確に見抜かれた上で、以下のようにお答えになった。


「言論の自由は民主主義社会の原則であります。このたびの訪問に関しては種々の意見がありますが、政府はそのようなことを踏まえて真剣に検討した結果、このように決定したと思います。

私の立場は政府の決定に従って、最善を尽くすことだと思います」


報道機関の記者に対して、真っ向から「言論の自由」の大切さを説かれたことは、痛烈なメッセージ性を持っているだろう。


「あなたがたは、自分たちと違う意見(反対意見)は封殺してよい、とでもお考えですか?」と。その上で、政府の立場にも配慮され、しかし、政府の決定の良し悪しとは別に「(その)政府の決定に従って、最善を尽くす」というのが“天皇”としての立場であることを、はっきりと示された。


このお答えについては、以下の3点に注目すべきだろう。


①反対意見を否定したり、排除したりされなかった。


②政府の決定を全面的に支持したり、肯定したりされなかった(「政府は…真剣に検討した」としかおっしゃていない。しかも、政府が“予め結論ありき”の姿勢に終始し、実際には「真剣な検討」を怠っていた事実と突き合わせると、もちろん上皇陛下ご自身にそのような意図はなかっただろうが、強烈な皮肉にもなっている)。


③天皇という立場でなすべきことは「(政府の決定に従って)最善を尽くす」ことだけ(従って、その政治的な責任は全て政府が負う)。


完璧なお答えだろう。

当時、30歳代半ばだった私は痛快さを感じた。


しかし、上皇陛下の真に見事なお姿を拝することになるのは、ここから先のことだった。(続く)

閲覧数:246回
bottom of page