• 高森明勅

英国「女系」新国王が即位されても王位の正統性に揺るぎなし


英国「女系」新国王が即位されても王位の正統性に揺るぎなし

去る9月8日、日本の皇室とも縁が深かった英国王室のエリザベス女王が崩御(ほうぎょ)され、

同国で久しぶりに(ヴィクトリア女王の後に即位したエドワード7世〔在位期間は1901年~1910年〕以来、この時は男系によりハノーヴァー朝からザクセン=コーブルク=ゴータ朝に交替)「女系」の君主が即位された。


新国王・チャールズ3世だ。


果たして王朝が交替し、それによって王位の正統性が失われ、国民も分断されて、英国は英国ではなくなってしまうのか、どうか。

…と言うと、「女系による継承ぐらいで何を大げさなことを言っているのか。頭は大丈夫か」と感じる人がほとんどだろう。それが健全な反応だ。



明治の皇室典範で「男系男子」限定という新しい法的ルールを採用した際に、具体的な参考材料としたのは西洋王室の在り方、特に英国での王朝交替の実例だった(井上毅〔こわし〕「謹具意見」、同文書を収める伊藤博文編『秘書類纂 帝室制度資料』上巻では“明治廿二〔22〕年四月三日”という日付になっているが、この時点では既に明治典範が施行された後なので、誤記だろう)。


だから今回の英国での新国王の即位も、わが国とは無縁として視野の外に置く訳にはいかない。



チャールズ3世の場合、「女系」継承でもこれまでのウィンザー朝のまま変更なく、ご本人の資質、人柄、実績などによる今後の評価はともかく、女系であることに基づく「国王」という地位そのものの権威の動揺も、当たり前ながら取り立てて認められない。


そもそも21世紀の現代に、伝統ある立憲君主国の中で「女系」継承によって君主の地位の正統性や権威が左右されるなどと大騒ぎする国が、一体どこにあるのだろうか。

閲覧数:439回