• 高森明勅

江森敬治氏の「長子優先」提起の背後あるものは何か?


江森敬治氏の「長子優先」提起の背後あるものは何か?


『秋篠宮』の著者、江森敬治氏がゲスト出演された、8月7日放送の読売テレビ「そこまで言って委員会NP」の部分的な(大部分の?)“文字起こし”を拝見した(「世界のゴー宣ファンサイト」、根気のいる作業に当たられたのはハンドルネーム「カレーせんべい」氏)。


これを見ると、江森氏はやはり秋篠宮家の皇位継承を巡るご意向を踏まえて、出演されたように思われる。


まず次のような発言に注目したい。


「今も皇位継承第1位は秋篠宮様で、第2位は悠仁様ということで決まっているわけですね。もちろん、愛子様とか色々ありますけど、まぁ、そこはまだこれから議論になるわけなんですけれども」


最初のセンテンスは、“現在の”ルールのもとでの皇位継承順序を、一先ずそのまま述べておられる。但し、「今も」という“限定”を敢えて付けておられる点は、次のセンテンスとの関係で見逃せない。


次のセンテンスでは、「もちろん、愛子様とか色々」と解決すべき制度的な課題について、「まだこれからの議論になる」として、先の順序が必ずしも確定的なものではないことを、少しソフトに示唆しておられるように理解できる。


次に、江森氏と竹田恒泰氏のやり取りにも目を向ける必要がある。


江森氏

「…その中(皇室の中)に暮らしている方々が今どうお考えなのか、今の皇室の現状ということをもうちょっと踏まえて(竹田氏は)色々議論されたら(よいのではないか)」


竹田氏

「…それを踏まえた結果がどうして(「今後のことを考えると将来的には『長子優先』を議論すべき」という)この結論になるんですか?」


江森氏

「はは‥」


江森氏が秋篠宮家に“最も近い”ジャーナリストだという事実を、ひょっとして竹田氏は知らないのだろうか。それとも、知っていても皇室の当事者の方々お気持ちに対して、少しでも想像力を働かせることが苦手なのか(あるいは、その両方か)。


江森氏が、「その中に暮らしている方々が今どうお考えなのか…ということを…踏まえて」と述べておられる以上、ご自身としては“主に”秋篠宮家の方々の「お考え」を「踏まえて」いる、と理解しなければならない。


その上で、そのご意向を「踏まえた結果が」他でもない「将来的には『長子優先』を議論すべき」という問題提起になった-という脈絡になる(そもそも「長子優先」を“現在の”皇室に当てはめると、秋篠宮殿下より敬宮〔としのみや、愛子内親王〕殿下を優先することになるので、長年、秋篠宮家への密着取材を続けて来た江森氏が、そのご意向と無関係にこのような、ある意味では非礼とも言える発言をすることは、考えにくい)。


つまりストレートに言えば、秋篠宮家ご自身がそれを望んでおられることを意味する。

しかし勿論、それをテレビ番組の中で明け透けに語ることは出来ない。


なので、「はは‥」という対応をせざるを得なかっただろう(内心では“鈍感な奴め!”とか思っていても)。それでも、注意深い視聴者には伝わったのではないか。


今回の「長子優先」の検討を求める江森氏の提起は、(憲法第1条及び第4条第1項との関連で)

自由なご発言が許されない秋篠宮家からの“迂回的な”メッセージとして、慎重に受け止めるべきだろう。

閲覧数:608回