• 高森明勅

天皇・皇室をめぐる基本用語、「権威」と「権力」の端的な違い


天皇・皇室をめぐる基本用語、「権威」と「権力」の端的な違い

天皇・皇室をめぐる議論でしばしば登場する用語として「権威」と「権力」という言葉がある。

しかし、漠然としたムード的な用い方が多く、両者の端的な違いがしっかりと整理されていない場合も見かける。


国家統治の場面に限定して、両者が主に対照的に語られる場合の違いを、ごく簡単に述べると、およそ以下のようになるだろう。



〇他人を外形的な力(警察・軍隊など)で従わせるのが「権力」。


〇他人を本人の内面的な同意や納得によって従わせるのが「権威」。



これに対し、真に「権威」として同意や納得に足るだけの内実を備えているかどうかを、主体的・理性的に吟味・検討することなく、「権力」をそのまま“権威”であるかのように受け止め、盲目的・思考停止的に従う(又、従わせる)のが「権威主義」だろう。


従って、「権威主義」は「権威」を尊重する立場ではなく、逆に“エセ権威”を「権力」的(!)に人々に押し付ける(又、その“権力的押し付け”を無批判に受け入る)態度と言える。


あるいは、社会において真の「権威」が不在であったり、隠蔽されていたりする場合に“のみ”登場するのが「権威主義」である、と言ってよいかも知れない(真の権威を、それに相応しく尊重することは、決して「権威主義」では“ない”ので誤解のないように!)。


だから伝統ある君主制が滅んだ後に、“エセ権威”を振りかざした独裁者が現れて「権威主義体制」を築くのは、ある意味で必然とも言えるだろう。

閲覧数:349回