HOMEブログ>記事

  • 高森明勅

日本有事に果たしてアメリカは助けに来るのか?


日本有事アメリカの画像

「文藝春秋」6月号にわが国の安全保障を巡る座談会が載っている。その中からいくつかの発言を紹介しよう。


「ロシアの核の脅威を前に引き下がってしまったアメリカへの信頼が揺らいでいる部分はありますね。今回のように核保有国が戦争を仕掛けてきた場合、アメリカでさえ、そう簡単に戦争に踏み込めないことがはっきりした。

日本の安全保障関係者の間では、『いざという時にアメリカは助けに来てくれないのではないか』との疑念が強まっています」(自衛隊元陸将の山下裕貴氏)


「北朝鮮は、ウクライナ侵略を見て自信を深めています。自分たちが進めてきた核・ミサイル開発路線は正しかったのだと。…(ウクライナは)1990年代、核保有国でしたが、アメリカ、ロシア、イギリスが領土の安全を保障する代わりに、核を全放棄しました。


その結果、一夜にして大国に蹂躙されてしまった。

金正恩は、国家の尊厳と生存を守るのは強力な軍事力しかないとの確信をますます強めています。大国から国家の安全を保障されても、後で簡単に覆されてしまう、と。

さらにアメリカはロシアの核使用を恐れて、早々と紛争不介入の意向すら表明した。

北朝鮮が今後、核・ミサイル開発を中断、放棄することはないでしょう」(国連安全保障理事会・北朝鮮制裁委員会・専門家パネル元委員の古川勝久氏)


「(中国の)人民解放軍が日本と事を構えようとすれば、尖閣なり沖縄の離島を本気で奪おうとしてくるわけです。

海・空だけで防ぎきれず、上陸されることも覚悟しなければならない。

…ところが、この30年間で戦車は千二百両から三百両に、火砲は千門から三百門に減らされました。陸自(陸上自衛隊)はほとんど骨と皮だけと言ってもいい状態です」(山下氏)


「現在、中国に進出している日本企業は一万三千社を越えますが、少なからぬ現地法人が社内に

(共産)党委員会を設置されられている。つまり共産党政権に取り込まれているわけです」(東北大学大学院教授の阿南友亮氏)


閲覧数:101回