HOMEブログ>記事

  • 高森明勅

4月29日「昭和の日」に「皇室セミナー」を開催


4月29日「昭和の日」に「皇室セミナー」

4月29日は「昭和の日」。

この日に「皇室セミナー 昭和の日に皇室を考えよう」というタイトルのトークセッションが行われる。登壇者は、私と憲政史家の倉山満氏。


対象は主に20代・30代の若者たちだ。応募開始後、500人の会場がたちまち予約で満員になって、キャンセル待ちが出ている状況らしい。

頼もしい反応だ。

主催者側で用意してくれた当日取り上げるテーマは以下の通り。


①なぜ皇室は大切な存在なのか

②眞子さまのご結婚について

③皇位継承の将来について

④100年後の皇室について


せっかく「昭和の日」に行うイベントなので、①については、私自身もいささか関与した「昭和の日」制定(祝日法改正)の趣旨とも絡めて、話をするつもり。楽しく、真剣な会にしたい。


追記


プレジデントオンライン「高森明勅の皇室ウォッチ」今月1回目「引き裂かれた20年…天皇になる“かもしれない”愛子さまを天皇家はどう育ててきたか」は、22日に公開された(なおタイトルは毎回、編集部で付けている。念のため)。2回目は29日に公開の予定。


https://president.jp/articles/-/56608


閲覧数:330回