• 高森明勅

天皇陛下が繰り返し取り上げられる「誡太子書」の厳しい内容


花園天皇

天皇陛下はお誕生日に際してのご会見で、以前にも取り上げられている、花園天皇の

「誡太子書(かいたいしのしょ)」に言及しておられた。


「皇室の歴史を紐(ひも)解くと、皇位が連綿と継承される中では、古代の壬申の乱や中世の南北朝の内乱など皇位継承の行方が課題となった様々な出来事がありました。そのような中で思い出されるのは、上皇陛下が以前に述べておられた、天皇は、伝統的に、国民と苦楽を共にするという精神的な立場に立っておられた、というお言葉です。…


例えば、鎌倉時代の花園天皇の皇太子量仁(かずひと)親王に宛てて書き残された、いわゆる『誡太子書』においては、まず徳を積むことの大切さを説かれ、そのためには道義や礼儀も含めた意味での学問をしなければならないと説いておられます」と。



自分で恥ずかしく思わないのか



同書は、書名くらいは一部の人に知られていても、実際にその中身まで読んだ人は、ほとんどいないのではあるまいか。天皇陛下が淡々と触れておられるので、陛下ご自身がこの書を取り上げられることの重大さを、見逃す人も少なくないかも知れない。


しかし、同書は実に厳しい内容で貫かれている。


例えば、冒頭近くの一節を紹介すると、以下の通り。


「皇太子は、宮中で優しく育てられたから、人民の生活の大変さを知らない。綺麗な着物を着ても、その着物を作る苦労を知らない。美味しいご馳走に飽いても、農民の耕作の困難さを知らない。いまだに国への功績が少しもない。人民に対する僅かな貢献もない。にもかかわらず、ただ先祖のおかげで将来、そのまま天皇の地位に上ろうとしている。


優れた人格的価値(徳)を身に付けず、誇るに足る功績もないのに、人々の上に君臨することは、自分で恥ずかしく思わないのか…」(意訳。原文は辻善之助『修訂 皇室と日本精神』、東京大学史料編纂所『古文書時代鑑』など参照)―



非常に深い感銘



初めから終わりまで、こうした厳しい叱責のような言葉が並んでいる。

しかもその背後には、皇室の将来への深い危機感がみなぎっている(実際にこの後、時代は南北朝時代へと突入した)。


陛下が初めてこの書について言及されたのは、まだ皇太子になられる前の昭和57年3月15日だった(22歳なられて間もない頃、大学ご卒業に際してのご会見)。


「(歴代天皇の事績について学ぶ中で印象に残った一例として)誡太子書(太子を誡〔いまし〕むる書)と呼ばれているんですが、この中で花園天皇は、まず徳を積むことの必要性、その徳を積むためには学問をしなければならないということを説いておられるわけです。その言葉にも非常に深い感銘を覚えます」



「徳」を積むことの重要性



又、皇太子になられてからは、平成22年のお誕生日に際してのご会見(2月19日)でも以下のように触れておられた(この年のお誕生日で50歳になられた)。


「歴代天皇のご事蹟を学ぶ中で、第95代の花園天皇が、当時の皇太子―後の光厳天皇にあてて書き残した書(誡太子書)に、まず徳を積むことの重要性を説き、そのためには学問をしなければいけないと説いておられることに感銘を受けたことを思い出します。


そして、花園天皇の言われる『学問』とは、単に博学になるということだけではなくて、人間として学ぶべき道義や礼儀をも含めての意味で使われた言葉です。私も、50歳になって改めて学ぶことの大切さを認識しています」


天皇陛下が、皇位の継承に連なる当事者に最も厳しく自省を迫る同書を、長年変わることなく、

取り分け大切にされていることが分かる。


この事実から、陛下がいかなるご覚悟で日々努めておられるかを、如実に拝察できるだろう。

閲覧数:433回