HOMEブログ>記事

  • 高森明勅

愛子内親王殿下がご成年を迎えられて発表されたご感想に感銘


愛子内親王殿下

12月1日は天皇・皇后両陛下のご長女、愛子内親王殿下の20歳のお誕生日。

この日、殿下はご成年を迎えられた。国民の1人として心からお祝い申し上げ、今後一層のご健康とご多幸を祈り上げる。


《色濃い歳月》


同日、ご発表になられた「ご感想」は感銘深いものだった。

その中に、次のような一節がある。


「これまでの日々を振り返ってみますと、いろいろな出来事が思い起こされ、感慨深く思うとともに、多くの学びに恵まれた色濃い歳月であったことを実感します」


殿下のこれまでの険しい歳月を知る国民は、この部分を拝読して、思わず息を呑んだのではないか。


母宮の皇后陛下が長く、いわゆる“雅子妃バッシング”に苦しめられ、ご自身も不登校の時期がおありで、更にストレスによる摂食障害で別人のようにお痩せになった時期もおありだった。

まことに申し訳ないことながら、「暗い井戸の中にいたような」時期も体験して来られた。


そうしたご経験を含む過去を顧みられて、「多くの学びに恵まれた色濃い歳月」と表現されている。どんなにお辛い経験も、貴重な「学び」の機会と捉え返し、「恵まれた」とまで表現しておられるのだ。


一般的に、20歳を迎えたばかりの女性が自分の過去を振り返って「“色濃い”歳月」と表現することは、にわかに想像できないだろう。


様々な苦難を見事に乗り越えて、ご成長の糧とされたご意思の強さには、敬服の念を禁じ難い。


《様々な方》


ご感想の中には、このような一文もある。


「様々な方と出会い、関わることを通じて、人と人とが互いに手を取り合い、交流の輪が広がっていく素晴らしさを学び、全ての経験が私の財産になっています」

ここで殿下は、「様々な“方”と出会い」と表現されている。

“方々”ではなく、「方」。


どれほど「様々な」出会いがあっても、それは「人と人」の1対1の人格同士の「出会い」。

そのように受け止めておられる誠実さが伝わる。


先日、実際に愛子殿下への取材に加わった経験を持つテレビ局のスタッフから、その時の感想を聞いた。


「愛子さまはインタビューにお答えになる時、質問者だけでなく、その場にいる我々1人1人に、しっかりと視線を配って下さるんです」と。

多くのメディアの記者達に対応されるような場面でも、あくまでも「方々」でなく「方」として、「人と人」の「出会い」として、お心を込めて接しておられるのだろう。

そのような振る舞いが、“自然に”出来る20歳の若者がどれだけいるだろうか。


《人の役に立つ》


ご感想からもう1箇所だけ引用させて戴く。


「これからは成年皇族の一員として、一つ一つのお務めに真摯に向き合い、できる限り両陛下をお助けしていきたいと考えております。

そして、日頃から思いやりと感謝の気持ちを忘れず、小さな喜びを大切にしながら自分を磨き、人の役に立つことができる大人に成長できますよう、一歩一歩進んでまいりたいと思います」


天皇陛下がキーワードとされている“自己研鑽”と共通する謙虚さと向上心を拝することができる。有難い。


ご感想の全体を貫く、細やかなお気配りと格調の高さには、感嘆すべきものがある。


公開されたご近影を拝見しても、とても20歳とは思えない落ち着いた優美さを備えておられる。

気品のある笑顔には心が清められる思いがする。

お顔立ちは、天皇陛下にそっくりでいらしたのが、皇后陛下にも似て来られたように拝される。


上皇・上皇后両陛下から天皇・皇后両陛下へと受け継がれて来た大切な精神を、真っ直ぐに受け継いでおられるのは、まさに愛子内親王殿下に他ならない。愛子内親王殿下こそ、日本の未来への大きな希望であろう。


殿下が将来、「皇族に生まれて幸せだった」と回顧して戴けるよう、皇室を取り巻く環境の改善に、国民として力を尽くさねばならない。


なお、12月1日の祝賀行事に皇后陛下はご体調不良の為に欠席されている。

ご様子はどうなのか。

心配だ。

皇后陛下におかれては、どうかくれぐれもご無理をなさらず、ご療養を最優先になさって戴きたい。


357回の閲覧