• 高森明勅

トランプ米大統領誕生の背景にロシアの「影響工作」という“戦争”


トランプ米大統領誕生の背景にロシアの「影響工作」という“戦争”

トランプ米大統領誕生の背景にロシアの「影響工作」という“戦争”


現代の国家間の戦い(現代戦)において重要な位置を占める「情報戦」。


その情報戦の中でも、「影響工作(IO=Influence Operation)」が注目されているという。影響工作が効果を示した典型的な実例は2016年のアメリカ大統領選挙。ドナルド・トランプとヒラリー・クリントンが争った。


この時、どのような事態になったか。


「ロシアはドナルド・トランプ候補を勝たせる目的で、ヒラリー・クリントン候補に不利になる工作をツイッター(Twitter)やフェイスブック(Facebook)などのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を駆使して行いました。


…クリントン候補が人工肛門を装着しているとか、腹心の女性スタッフと同性愛にあるとかフェイクニュースを流し続けました。

そして、民主党本部のサーバーに侵入し、大量の情報を窃取し、その情報をウィキリークスを通じて絶妙なタイミングで漏洩しました。このロシアの影響工作は、明らかにクリントン候補にダメージを与え、結果としてトランプ大統領の誕生が実現したのです」(渡部悦和・佐々木孝博『現代戦争論ー超「超限戦」』)。


勿論、この時のトランプ前大統領の勝利を、ロシアの影響工作だけによって説明するのは、乱暴だ。ことさらロシアの工作が指弾されていない次の選挙でも、トランプは(結果的に敗れたものの)多くの票を集めていた。しかし、仕組まれた影響工作の成果を、過度に軽視しても、真実を見誤る。このような工作は、大統領選挙の時だけではなく、又、工作対象国がアメリカに限る訳でもない。

その上、ロシアだけがこのような情報戦を展開しているということでは、勿論ない。情報戦の場合、同盟国や友好国から仕掛けられている可能性もある。わが国の場合、特に中国によるケースを警戒しなければならないだろう。

中国の現代戦への考え方は、喬良・王湘穂の共著『超限戦』にストレートに表現されている。「目的のためなら手段を選ばない…制限を加えず、あらゆる可能な手段を採用して目的を達成する」「戦争以外の戦争で戦争に勝ち、戦場以外の戦場で勝利を奪い取る」と。