• 高森明勅

延期されていた歌会始、印象的な入選・佳作の和歌3首


延期されていた歌会始、印象的な入選・佳作の和歌3首

延期されていた歌会始、印象的な入選・佳作の和歌3首


去る3月26日、延期されていた宮中の歌会始が皇居の宮殿(松の間)で催された。

今年のお題は「実」。 一般から詠進された和歌も1万3657首に達した。その中から10首が選ばれる。これを「選歌」と言う。又、「佳作」とされた和歌も18首あった。それらの中から、私の印象に残った作品を紹介しよう。


シールドの 向かうの客に 釣り渡す 架空のやうな 現実にゐる (広島県、山本美和さん)


いにしへの 海を渡りし 船のごと 草の実つけて 子は帰り来る (東京都、佐伯なぎささん)


実感が どうしてもない 私が 中学一年 だといふことが (長崎県、久田桃香さん)


なお、妻の高校時代からの友人の和歌も、佳作に選ばれた。 素晴らしい。