• 高森明勅

有識者会議「前提」ある?無い?

更新日:5月25日


退位特例法の附帯決議に応える為の有識者会議。

ところが、一部の報道では「前提として現在の継承順位は変えない」という。


しかし、それでは議論の幅が一挙に狭まる。現に、同会議が既に公表してた、専門家ヒアリングでの(バランスが取れた網羅的な)「聴取事項(案)」とも矛盾してしまう。


例えば、問5では内親王・女王に皇位継承資格を認めた場合の「継承順位」を尋ねている。これへの回答次第で、現在の継承順位は当然、変更を迫られる。問6の、女系に継承資格を「拡大」する場合についても同様だ。さすがに問9の、皇族でない「男系男子」の皇籍取得を

可能にする場合は、変更の可能性は(論理的にゼロではないにせよ)現実的には考えにくいだろう。


現在の皇族(秋篠宮殿下、悠仁親王殿下)より、今、国民として生活している人物(旧宮家系の誰か?)を優先することになるからだ。


それにしても、上述のように、ヒアリングの聴取項目を予め無効にしてしまう「前提」を、本当に設けているのだろうか。もしそうであれば、聴取項目はあくまでも建前に過ぎず、

ヒアリング自体が見せ掛けだけのセレモニーになる。


そもそも、そんな前提を設けた小手先の対応では、皇位の安定継承を求める附帯決議に応えることが出来ない。私としては、一部の報道は事実でないと信じたい。