• 高森明勅

暗い井戸の中のような日々


暗い井戸の中のような日々

暗い井戸の中のような日々


畏れ多いことに、上皇后陛下に対し、週刊誌などが事実無根のバッシングを繰り返したことがあった。平成5年のこと。その結果、遂に同年のお誕生日(10月20日)当日に上皇后陛下がお倒れになる事態に迄、立ち至った。


ばかりか、その後、半年にも亘(わた)って、お声が出くなる失声症になられた。国民として、これほど申し訳ない出来事はない。この時、バッシングに狂奔した中心は「週刊文春」。他に「宝島30」「週刊新潮」「サンデー毎日」も、これに加わった。それらの中では、月刊誌の「宝島30」が特に悪質だった。当時の「週刊文春」の編集長は花田紀凱(かずよし)氏。毎日新聞の取材に次のように答えていた。


「小誌の記事が美智子皇后バッシングといわれるのは本意ではありません。強いて言うならば、宮内庁批判のつもりです」(同年10月20日付)と。完全に開き直っている。上皇后陛下がお倒れになった当日の記事だ。その頃、同誌編集部にいたある編集者は、後にこんな風に語っている。


「美智子皇后の特集をやるとやはり売れるんですね。売れるので続けたと思います。…ただし、今思えば相手が反論できる大組織だったら問題なかったのですが、反論できない存在であることに気づくのがやや遅かった」と。


「週刊文春」(11月11日号)には、宮内庁の抗議に対する中途半端な「お詫び」が掲載され、その後、文藝春秋社長宅の寝室の外壁に銃弾2発が撃ち込まれる事件(11月29日未明)

なども起きた。後年、私が花田氏から食事に誘われた時、彼は「若気の至りだった。申し訳なかった」と頭を下げた。


今更、私なんかに頭を下げても、勿論(もちろん)何の意味も無い。当時のことを、上皇后陛下の最も身近におられた黒田清子(さやこ)様(上皇・上皇后両陛下のご長女)が、以下のように振り返っておられる(平成17年「36年間を振り返って」)。


「両陛下のお姿から学んだことは、悲しみの折にもありました。事実に基づかない多くの批判にさらされ、平成5年御誕辰(ごたんしん)の朝、皇后様(上皇后陛下)は耐え難いお疲れとお悲しみの中で倒れられ、言葉を失われました。


言葉が出ないというどれほどにか辛く不安な状態の中で、皇后様はご公務を続けられ、変わらず人々と接しておられました。当時のことは私にとり、まだ言葉でまとめられない思いが

ございますが、振り返ると、暗い井戸の中にいたようなあの日々のこと自体よりも、誰を責めることなくご自分の弱さを省みられながら、ひたすらに生きておられた皇后様のご様子が浮かび、胸が痛みます」と。


私は決してテロルを讚美する者ではない。それどころか、そのような行為は、天皇陛下をはじめ皇室の方々を何よりも悲しませると考えている。しかし、そうした行為を招き寄せてしまう理不尽な言論の在り方こそ、最も糾弾されなければならないはずだ。上皇后陛下へのバッシングの次は皇后陛下が標的となり、それが今日(こんにち)迄、ご療養が長引く原因になっていることは、誰の目にも明らかだろう。


近年は、又別の標的に移っているようだが、いつまで「反論できない」方々(更に皇族でもない一般国民の若者)への一方的なバッシングを続けるつもりか。


「売れるので続けたと思います」では済まない話だ。