• 高森明勅

自民党幹部が「女系天皇」容認論

最終更新: 2019年11月25日



自民党幹部が「女系天皇」容認論

11月24日のフジテレビ「日曜報道 THE PRIME」。

番組の中で、安倍首相に極めて近い甘利明自民党税調会長が「女系天皇」容認論を唱えた。ニュースにも取り上げられたので、ご存じの人も少なくないだろう。


この日は週替わりのキャスターとしてジャーナリストの櫻井よしこ氏が出演していた。番組冒頭に天皇陛下の伊勢の神宮への「親謁の儀」を取り上げた。


平成の前例と違うのは、お供の皇族がゼロだったこと。その事実に触れた上で、私のコメント映像が流れた。「今回のお代替わりの儀式の中でも、皇族の減少というものが目に見える形で現れましたので、これを放置してはならない。速やかに議論が始まると思います」と。ここまでは前日の夜、私に取材した内容に基づく。


それを受ける形で、元大阪市長の橋下徹氏が「敬慕の念」という視点から旧宮家論の限界を指摘し、順位論として女性天皇の容認を打ち出した。これに櫻井氏が反論し、橋本氏と少しやり取り。それらを受けて、甘利氏が次のように述べた。


「男系を中心に(皇位継承の)順位を付けておく。私は最終的選択肢としては女系も容認すべきだと思いますけどね。順位を付けてきちんと対処できるようにしておくということは良いことだと思います」と。


自民党の幹部がここまで明確に「女系」容認論を述べたのは珍しい。以前、二階俊博幹事長が女性天皇容認論は述べていたが。

90回の閲覧
  • Facebook Social Icon