• 高森明勅

坂東玉三郎氏が語る三島由紀夫の死



坂東玉三郎氏が語る三島由紀夫の死

歌舞伎俳優の坂東玉三郎氏。この度、文化功労者に選ばれた。その坂東氏が三島由紀夫について語っている。


「三島先生が書いてくださった文章のせいか、先生と私が親しくお付き合いをしていたように誤解されている向きもありますが、実際はほんの数回、それもごく短い時間、お目にかかった程度なのです。


…(三島作品の)『(椿説〔ちんせつ〕)弓張月(ゆみはりづき)』は、主人公・鎮西八郎為朝(ちんぜいはちろうためとも)が『必ず嘆くな。葉月(はづき)も末の夕空に、弓張月を見るときは、この為朝の形見と思やれ』と言い、海中から現れた神馬(しんめ)に乗って去るところで幕になります。


初演からちょうど1年後の1970年11月25日、三島先生はお亡くなりになりました。この『弓張月』の時点で先生が何を考えておられたか、私にはわかりません。ただ私には、為朝の最期と、先生のそれとが重なって見えるのです」(『図書』11月号)


―今から半世紀近く前の昭和45年11月25日。それが作家・三島由紀夫の命日だ。当時、中学2年生だった私は「三島事件」に直面し、強い衝撃を受けた。


今、思い返すと、まさにあの日、あの瞬間が、我が人生の転機だったと気付く。

92回の閲覧
  • Facebook Social Icon