• 高森明勅

植樹祭と豊かな海づくり大会



植樹祭と豊かな海づくり大会

平成の「三大行幸啓」の1つは「全国豊かな海づくり大会」。


始まったのは昭和56年だ。当時は上皇陛下が皇太子としてお出ましだった。ご即位後、天皇のご公務に格上げされて、ずっとご自身で式典に臨まれた。全国植樹祭は言わば「山」を守るのが主眼。ならば「海」を守る豊かな海づくり大会も、天皇のご公務に格上げしてこそ均衡が取れる。そのようにお考えになったのだろうか。


日本神話の「海さち・山さち」の物語にも示されているように、日本人にとって海は、山と共に極めて重大な意味を持った。同大会への天皇のお出ましは、その事実を国民に改めて気付かせてくれる。天皇陛下は、初めてお出ましになった今年の大会(9月8日、秋田県)の「おことば」で、以下のようにお述べになった。


「四方を海に囲まれた我が国は、古くから海の恵みを受けてきました。また、山や森から河川や湖を経て海に至る自然環境と、そこで育まれる生命と文化は、私たちに様々な恩恵をもたらしてくれます。私自身、以前に鳥海山に登った折に、鳥海山の雪解け水がブナ林を養い育て、伏流水となって山麓の田畑を潤し、やがて日本海に注いで良質なイワガキを育んでいると聞き、山と海、そして人間との大切なつながりを感じたことを思い出します。

このような豊かな海の環境を保全するとともに、水産資源を保護・管理し、海の恵みと美しさを次世代に引き継いでいくことは、私たちに課せられた大切な使命であると考えます」と。


海と山は決して切り離されたものではない。上皇陛下が豊かな海づくり大会を、植樹祭と同格の天皇のご公務へと格上げされた、その背景にあるご洞察へのオマージュのようにも受け取れる。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon