• 高森明勅

「天皇論」巡りケネス・ルオフ氏と討論



「天皇論」巡りケネス・ルオフ氏と討論

アメリカにおける近現代天皇制研究の第1人者とされるケネス・ルオフ博士。


先頃、翻訳された『国民の天皇』で大佛(おさらぎ)次郎論壇賞を受賞された(大佛次郎は改めて言う迄もなく、あの『天皇の世紀』の作者)。


そのルオフ氏が10月のゴー宣道場にゲストとして登壇して下さる。テーマは勿論、「天皇論」。私も近刊の漫画家・小林よしのり氏との対談本『天皇論「日米激突」』(小学館新書)の監修めいた事をさせて戴くという形で、同氏の仕事に触れた。


これが実に刺激的。思考停止を許さない迫力がある。しかも議論される構えは、何処までもフェアで、相手の言い分に誠実に耳を傾けられる。同書での小林氏との「激突」も、実に爽やかだ。


正直に言って、私個人としては、今回の道場が今までで最も楽しみだ(他のゲストには申し訳ないが)。道場では、なるべく氏の得意なフィールドでの議論に力点を置きたい。しかも開催日は、22日の「即位礼正殿の儀」直前。これはいやが上にも盛り上がるだろう。これまで以上に、他ではとても聴けない議論が、惜しみなく展開されるはずだ。可能な人は是非とも当日、会場で“生”の討議の熱気を体感して欲しい。


応募の締め切りは(いきなり)今日!なお折角、道場に参加されるなら、予め上記著書を一読される事をお勧めする。きっと議論への入り込み方が一層深くなるだろう。

101回の閲覧
  • Facebook Social Icon