• 高森明勅

権威の二重化?



権威の二重化?

上皇陛下がご譲位を希望されている事実が広く国民に知られた時。ごく少数の者らが反対した。その最大の理由は「権威の二重化」により混乱が生まれる、というもの。それに対し、私は以下のように反論していた。


「確かに上皇陛下が譲位をされたからと言って、国民の敬愛の念がたちまち失われるような事はないだろう。しかし憲法上、『日本国』及び『日本国民統合』の『象徴』はあくまでも天皇であり、歴史的にも天皇こそが国家秩序の頂点、国民結合の中心だった。新しい時代になれば、国事行為をなさるのは新しい天皇であり、象徴としての公的行為についても同様だ。何より、上皇陛下ご自身がその事を深く理解しておられ、それに相応しく振る舞われるに違いない。だから、国内を分断するような“権威の二重化”は起こらない」と。


果たして、どちらの言い分が正しかったか。令和の日本は、「権威の二重化」により分断され、混乱に陥っているか、どうか。答えはもはや明らかだろう。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon