• 高森明勅

繰り返される「思考停止」



繰り返される「思考停止」

かつて、上皇・上皇后両陛下のご成婚に当たり、本気で反対した者らがいた。反対理由は「平民出身だから」。驚くべき思考停止ぶり。彼らは、ご結婚後の上皇后陛下の類い稀なご貢献を拝して、どう考えたのか。


お子様方をご自分たちで育てようとされた時にも、抵抗があった。それに立ち塞がられたのは、他でもない昭和天皇だった。上皇陛下の即位礼・大嘗祭が、本来の伝統に則り、国の中心地=東京で行われる事にも、ごく一部ながら異論を唱える向きがあった。明治の皇室典範の“過渡的”な規定を金科玉条のように扱った為だ。


上皇陛下が被災者をお見舞いされる時、床に膝をつかれるお姿に、当初は「天皇の威厳を損なう」として、眉をひそめた者も僅かにいた。上皇陛下が「国民統合の象徴」としての“お務め”の大切さに鑑み、熟慮の末に、全く公的な観点から「ご譲位」を望まれている事を控え目に示唆された時にも、驚いた事にムキになって反対した者らがいた。それらに対し、国民の圧倒的多数は歓迎し、受け入れ、決して違和感を表明しなかった。


今振り返って、一体どちらが正しかったか。もはや余りにも明らか。これからも、一握りの国民から孤立した者らが、事あるごとに“思考停止”による見当外れな「反対」を、強硬(!)に唱え続けるだろう。しかし、それに振り回されてはならない。その事は、これまでの経緯が証明している。皇室を巡っては、国民多数の素直な反応こそが正しかった事実を、改めて銘記したい。

76回の閲覧
  • Facebook Social Icon