• 高森明勅

皇族とご結婚



秋篠宮家のご長女、眞子内親王殿下のご結婚を巡り、一部に混乱した議論がなされているようだ。


しかし、実は至ってシンプルな話だ。


憲法には、結婚は両性の合意のみによって成り立つことが、明確に規定されている(24条)。

だから一般に、これが全てのケースに適用される。


しかし、僅かに例外がある。

天皇と男性皇族が結婚される場合だ。


それらについては、皇室会議の同意を必要とする。

これは皇室典範に明文の規定がある(10条)。

だが、その規定自体が憲法違反ではないのか。

そうではない。


憲法そのものが、“世襲の「象徴」天皇の制度”を設けている(1章)。

そうであれば、世襲「象徴」天皇制度の維持に必要とされる限り、憲法の他の条文の“適用外”に置かれる。

天皇・男性皇族のご結婚に皇室会議が関与するのも、そのケース。

なので、憲法違反にはならない。


一方、ご結婚によって皇族の身分を離れられる女性皇族の場合は、特に例外ではない。

よって、眞子殿下のご結婚については、皇室会議が関与する余地は無い。

先頃、秋篠宮殿下がお述べになったことが、最も正しい。



  • Facebook Social Icon