• 高森明勅

明治天皇例祭と明治天皇崩御日

明治天皇例祭と明治天皇崩御日


先日のブログで明治天皇が崩御(ほうぎょ)された日を明治45年7月“29日”と記(しる)した。

これを不審に感じた人がいるかも知れない。

一般に明治天皇の崩御日は7月“30日”と受け取られているからだ。


のみならず、皇室祭祀の明治天皇例祭も同日に行われている(宮中の例祭は崩御相当日に行われる)。

だが、明治天皇が実際に亡くなられたのは7月29日、午後10時43分。

その後、2時間、喪(も)を秘して、翌日午前0時43分に崩御されたこととして、公表された。

これは何故か。


明治の皇室典範に「天皇崩ス(ず)ルトキハ皇嗣即(すなわ)チ践祚(せんそ、即位すること)シ祖宗(そそう)ノ神器(じんぎ)ヲ承(う)ク」(第10条)とあり、旧「登極令(とうきょくれい)」(第1条)及び同附式(第1編))の規定では新天皇の“践祚”に当たり、

「賢所(かしこどころ)の儀」・「剣璽渡御(けんじとぎょ)の儀」を“直ち”に行わなければならない。


しかし、同日中の儀式の準備・執行は(残りの時間が1時間にも足りず)時間的に無理だった為、という。

例祭はこの日付に依拠している為に7月30日になっている。

念の為に。



  • Facebook Social Icon