• 高森明勅

「旧宮家案」は既に終わっていた?

「旧宮家案」は既に終わっていた?


安倍晋三氏は首相だった当時、政府の正式な見解として「(旧宮家の皇籍離脱を指示した)GHQの決定を覆(くつがえ)すということは全く考えていない」(平成31年3月20日、参院財政金融委員会)と明言。


菅義偉首相も内閣官房長官当時、「旧宮家案」に必要不可欠な当事者への意向確認は、今後も「考えていない」旨、明確に答弁していた(令和2年2月10日、衆院予算委員会)。


他にオマケ情報として、「政府高官」(それが誰かはおよそ察しがつく)が同案について、「グロテスク」という感想を持っていることも報じられている(産経新聞9月24日付)。


全て整合的。


これらによって判断すれば、旧宮家案は政府の検討対象から、とっくに外されていたと見なければならない。

賢明…と言うより、同案が抱える難題の数々を考えると、当然の判断だろう。


それにしても、先日、自民党の男系派の議員グループが菅首相と会談した際、上記の(オマケ情報はともかく)国会答弁を問題視した形跡が無いのは、不思議だ。


  • Facebook Social Icon