• 高森明勅

男系継続の確率計算

男系継続の確率計算


工学博士で玉川大学教授だった石原藤夫氏が興味深い試算をしておられた(同氏『皇統の危機に思う』平成18年)。


「一組」の皇族のご夫婦から出発して、“側室無し”で、どの代にも1~4人のお子様が生まれると仮定して、“男系限定”で確率的にそれぞれ何代、継続できるか、という計算だ。


前提として、どの代も必ず結婚されて、必ずお1人以上のお子様が生まれ、事故も病気もなく必ず成人されて、必ず次の子孫をもうけられる、という「現実にはありえない甘い条件」(同氏)を設定した上での計算だった。


その結果は以下の通り。


(1)どの代にも1人の子供ができると仮定した場合。

4代続く確率は16分の1。

8代続く確率は256分の1。

16代続く確率は6万5千536分の1。


(2)どの代にも1.5人(2人と1人が交互)の子供ができると仮定した場合。

4代続く確率は7分の1。

8代続く確率は50分の1。

16代続く確率は2千600分の1。


(3)どの代にも2人の子供ができると仮定した場合。

4代続く確率は3分の1。

8代続く確率は10分の1。

16代続く確率は100分の1。


(4)どの代にも2.5人(3人と2人が交互)の子供ができると仮定した場合

4代続く確率は2.3分の1。

8代続く確率は5.4分の1。

16代続く確率が29分の1。


(5)どの代にも3人の子供ができると仮定した場合

4代続く確率が1.7分の1。

8代続く確率は2.9分の1。

16代続く確率は8.5分の1。


(6)どの代にも4人の子供ができると仮定した場合。

4代続く確率は1.3分の1。

8代続く確率は1.7分の1。

16代続く確率は2.8分の1。


皇室の実態について、上皇陛下以降の男性皇族が(ご独身だった桂宮を除いて)平均して何人のお子様を持たれたかを確認してみると、6分の12つまり丁度2人という数字になった。


上記(3)のケースに該当する。

その確率計算では、悠仁(ひさひと)親王殿下がめでたく結婚された場合も、“男系限定”では「現実にはありえない甘い条件」で、僅か4代(!)続くことすら覚束(おぼつか)ない(確率が3分の1)、という厳しい結論になる。


悠仁殿下が難題をクリアされて、(“政略結婚”的な手法を使ってでも)ご結婚さえされればそれで安心、という安直な話では決してない。


  • Facebook Social Icon