• 高森明勅

悠仁殿下のご結婚の至難さ

悠仁殿下のご結婚の至難さ


世の中には、秋篠宮家のご長男、悠仁親王殿下が将来、お1人以上の男子に恵まれられることを、既定の事実であるかのように思い込んでいる人がいる。


その想像力の欠如ぶりに少し驚く。


しかし、男子に恵まれられるかどうか以前の、ご結婚それ自体についても、決して楽観はできない。

一般的に言って、皇族方のご結婚は、国民同士の場合にはない、ハードルの高さがある。


まして、いずれ皇位のご継承が予測されているケースでは、天皇陛下や上皇陛下の実例に照らしても、かなりの困難が伴う。

ところが、悠仁殿下については、よく知られているように、もっと至難な理由がある。


先ず、今の皇室典範のルールのままなら、皇室はやがて、悠仁殿下お1人だけになってしまう、という苛酷な未来が既に、見え過ぎるほど見えている。


更に、ご結婚相手は必ずお1人以上の男子を生まないと、これまで長年、国民の心の拠り所として存続して来た皇室そのものが、滅びてしまう。


そういう想像を絶したプレッシャーが、たったお1人のうら若い女性に、のし掛かることになる。

それでも結婚を決断できる女性が、果たして現れるか、どうか。

いささか悲観的にならざるを得ない。


これまでも、私が繰り返し指摘して来たことだ。

ごく一部には、「政略結婚」的な手法でハードルを越えられると、気楽に考える向きもあるようだ。

しかし、リアリティーが無く、楽観的過ぎる。

何よりも、皇室に対して余りにも敬意を欠いた発想ではないか。


悠仁殿下のご結婚の至難さを、今の政府・国会がどの程度、深刻に受け止めているか。

不安を拭(ぬぐ)い難い。


よって今後も、その至難さを解消ないし緩和する為の手立てを、“今のうちに”講じておかねばならないことを、声を大にして訴える必要があろう。


  • Facebook Social Icon