• 高森明勅

各国の犯罪比較

各国の犯罪比較


主要国の犯罪発生件数(10万人当たり)を比べてみると以下の通り。

先ず「殺人」(2016年のデータ、以下も同じ)。


アメリカ=5.4

イギリス=1.2

ドイツ=1.2

フランス=1.4

日本=0.3


わが国に比べて、他国は4~18倍も多い。


次に「強盗」。

アメリカ=103.0

イギリス=92.7

ドイツ=52.3

フランス=161.5

日本=1.8

日本が突出して少ない。フランスの90分の1位。


「窃盗」。

アメリカ=2451.6

イギリス=2956.6

ドイツ=2169.1

フランス=2978.1

日本=381.1

これについても、日本だけ一桁(けた)少ない。

日本の場合、窃盗の手口は自転車泥棒や万引き等が多い。


最後に「強制性交等」(2015年のデータ)。

アメリカ=38.7

イギリス(2014年)=48.5

ドイツ=8.6

フランス=20.1

日本=0.9


これも日本が飛び抜けて低い。

しかし、この犯罪については、わが国の場合、実態が正確にデータに反映されていない可能性が、他国より高いのではあるまいか。

およそ7割ほど、泣き寝入りのケースがあるとの指摘もなされている。

その指摘を勘案して訂正すれば、一応“3”という仮の数字を導ける。

このように訂正しても、他国の中で最も件数が少ないドイツと比べて、大体その3分の1強という結果になる。


日本は全体として、上記の国々の中で、少なくともここで取り上げた犯罪については、際立って少ない国と言うことができるだろう。


  • Facebook Social Icon