• 高森明勅

「直系優先」の理由

「直系優先」の理由


国民の多くが、天皇陛下のお子様でいらっしゃる敬宮(としのみや、愛子内親王)殿下のご即位を、至って自然なことと受け止めている。


この事実に対して、無知な大衆の浅薄な感情論と、上から目線で蔑(さげす)む者が、ごく少数ながらいる。

しかし、皇室典範の規定の仕方を見ると、決してそうではないことが分かる。

皇位継承の原則として、明確に「直系」主義(直系を優先、傍系は後回し)を採用しているからだ。

明治典範の場合、周知のように側室の存在を前提に、“非嫡出(庶出)”による継承も認めていた(前近代の通例も同様)。 皇位の継承において、一般的には勿論、「嫡出」を優先し、「非嫡出」は後回しになる。

しかし、「直系」と「傍系」の関係では違う。

“非嫡出”の直系子孫を、傍系に当たる“嫡出”の兄弟よりも、優先(!)していた。

徹底した直系主義の考え方だ。


こうした態度と、幅広い国民が敬宮殿下のご即位を当たり前と感じる事実とは、共通する基盤がある。

それは、親から子(又は孫)へ「直系」によって受け継がれてこそ、天皇という地位(皇位)と皇室の血統(皇統)の継承性・連続性を、素直に実感しやすい、という心的事実だ。

これはもとより、傍系継承を頑なに排除するものではない。 そうではなくて、直系と傍系の“優先順位”を決める普遍的な条件に他ならない。



  • Facebook Social Icon