• 高森明勅

「思考停止」の岸田文雄氏

「思考停止」の岸田文雄氏


自民党の岸田文雄・政調会長は8月24日の記者会見で、皇位の安定継承について問われた。


それへの回答は「男系天皇を維持してきた歴史の重みは強く感じる。 重みを受け止めて考えていきたい」というもの(共同通信8月24日、20時19分配信)。

事実上の無回答。


今さら「考えていきたい」とは何事か。 これまで、日本の将来にとってこの上なく大切な同テーマについて、“何も考えて来なかった”と告白したに等しい。

もし、明治以来の「男系男子」の“縛り”を維持しながら、皇位の安定継承を図る方策が あると本当に考えているなら、それはそれで1つの立場だ。

自分なりの具体策を述べれば良い。 そうすれば、その中身が妥当かどうかはともかく、少なくとも議論の対象にはなり得る。

しかし、これまでの「男系」の縛りに固執していては皇位の安定継承は望み難い、というのがそもそも、この問題の出発点だった。 にも拘らず、その出発点“自体”を理解しているとは思えない回答ぶり。 呆れた。


安倍首相は、暫く後継者の有力候補に岸田氏を想定していたものの、近来、それは無理らしいと考え直し始めている、との情報も流れている。 勿論、「ポスト安倍」の人選に安倍氏自身がどれだけ主導権を握れるかも、不透明になりつつあるが、いずれにしても、同じ「ポスト安倍」絡みで名前が挙がっていても、河野太郎・防衛大臣とは政治家としての責任感が違い過ぎる。



221回の閲覧
  • Facebook Social Icon