• 高森明勅

子供達が心配だ

子供達が心配だ


先日の日本教師塾の懇親会で、小学校の先生から気掛かりな話を聴いた。


新型コロナウイルス対策として、政府が緊急事態宣言に先立って、いち早く実施した“全国一斉休校”の悪影響について。

休校が解除された今も、不登校を続けている児童がいるという。

又、家庭内暴力で児童相談所に預けられた子供もいるそうだ。


無論、これらは各地で多数、発生している問題のごく一端に過ぎないだろう。

そうした事態に対処する為に、現場の先生方には大きな負担がのし掛かっているに違いない。


7月15日時点のデータで、10代のPCR検査陽性者は全国で僅か655名、10歳未満の陽性者409名で、死者は勿論どちらも0。

陽性者も無症状か、発熱も無い程度の軽症など(親が陽性者なので検査を受けた、という程度)。

その親の世代の陽性者に占める死者の割合も、今のところ30代で約0.1%、40代で約0.4%という状況。


これらの数字は、分母になる陽性者数が実際の(無症状の)感染者より、かなり少なく出ている。


なので、実態はもっともっと低いはずだ。

そうした実情を踏まえると、ピンポイントの学級閉鎖でなく、特定学校の休校でもなく、限定された地域の休校ですらなく、(現時点でも、全国の地方自治体の多くで、陽性者がごく少数にとどまっているにも拘らず)“全国一斉休校”という措置が、緊急事態宣言も“出されていない”時点で決断されたことは、果たして適時適切なことだったのか、どうか。


私は「鶏を割(さ)くに、いずくんぞ(又は、なんぞ)牛刀(ぎゅうとう)を用いん(小さなニワトリを料理するのに、どうして大きな牛を切る為の包丁が要るのか)」という、『論語』(陽貨篇)に出てくる孔子の言葉を思い出してしまう。


それが政治指導者のパフォーマンスや、役人の保身や、テレビ等の科学的根拠に基づかない無責任な“煽り”によって、十分な思慮も無く行われたのであれば、到底許し難い。


今回の休校措置が、子供達の健康、生活、学力の面で、実際にどのようなプラス・マイナスの影響を与えたのか、文部科学省は厳重に調査すべきだ。

民間のジャーナリストも徹底的に取材して、実態を明らかにして欲しい。


しかし、本当にその弊害が明らかになるのは、恐らく今から10年後、20年後だろう。

子供達一人ひとりの人生や、将来の日本の国力それ自体に、どんな影を投げ掛けることになるか。



0回の閲覧
  • Facebook Social Icon