• 高森明勅

熱中症に気を付けよう!


熱中症に気を付けよう!


平成30年の熱中症による死者の数は1581名もいた。 僅か一夏でこれだけの死者。 今回の新型コロナウイルス関係の現在までの死者数(7月4日の時点で976名)の1.5倍以上だ。

勿論、毎年こんなに死者が出ている訳ではない。

それでも同22年などは1731名という多さ。


同年以降、人数が確定している30年までの平均の死者数を見ると約980名。

これまでの新型コロナ関係の死者数とほぼ同じくらいだ。

決して侮れない。


特に、暑い最中にマスクを着けていたりすると、熱中症に罹(かか)る危険性はより高まるだろう。

熱中症による死者はやはり高齢者が多い。


先日、私の地元で暑い日射しの中、黙々と1人で畠(はたけ)仕事に勤(いそ)しむ高齢のご婦人を、遠くに見かけた。

周囲の何十メールかには人っこ一人いないのに、律儀に顔を半分ほど隠す大きなマスクを着けておられた。

かえって危険なのではあるまいか。


新型コロナ“恐怖症”の余り、熱中症や脱水症状など例年なら当然、警戒しているはずの病気や症状への対応が、疎かになったり、その危険性を見落としたりしないように、気を付けたい。

マスクそれ自体の“リスク”にも自覚的でいたい。

  • Facebook Social Icon