• 高森明勅

天皇と鉢合わせした泥棒


天皇と鉢合わせした泥棒


皇室の長い歴史の中には思いも寄らないことが起こっている。

例えば、天皇ご自身が泥棒と“鉢合わせ”をされたり、とか。

にわかに信じがたい話ながら、国家の正式な歴史書(正史)であり、朝廷の公的な記録を元に編纂された『続(しょく)日本後紀』の記事に出てくるので、確かな事実だろう。


承和(じょうわ)4年(837)12月5日の出来事。

当時の天皇は54代・仁明(にんみょう)天皇だった。

この日の夜、天皇の日常のお住まいである平安京内裏の清涼殿(せいりょうでん)に、女性の盗賊が2人、侵入した。

それをたまたま天皇ご自身が見付けられた。


『続日本後紀』には「天皇愕然(がくぜん)」と表記してある。

さぞや驚かれたに違いない。

天皇は直ちに側近の蔵人(くろうど)らに命じて、宿直の者に捕らえさせた。

しかし、逮捕できたのは1人だけ。

もう1人はまんまと逃げおおせたという。

まだ古代王朝が衰えを見せていない時代だった。

にも拘らず、天皇のお住まいがいかに無防備だったかが分かる。

勿論、不祥事には違いないものの、平和な国柄を偲(しの)ばせるエピソードだろう。


念の為に井筒清次氏編著の『天皇史年表』を覗くと、この記事もしっかり収録していた。

85回の閲覧
  • Facebook Social Icon