• 高森明勅

上皇は歴史的に天皇の下位


上皇は歴史的に天皇の下位


室町幕府3代将軍で、公家・武家双方の頂点に立ったとも見られている足利義満。

その国家的な位置付けを巡る問題は、天皇の「本質」を探る上で貴重な示唆を含む。

そこで引き続き、義満が皇位の簒奪を狙っていたという説を批判した見解を、紹介する。


「義満に数々の『僭上(せんじょう=身分・権限を越えたことをすること)』の振る舞いがあり、あるいは現実に太上(だいじょう)天皇の尊号宣下(そんごうせんげ)があったにしても(幕府が辞退―引用者)


…天皇は子であっても君主、上皇は父であっても臣下(しんか=君主に仕える者)である。太上天皇の尊号とは天皇が臣下に贈る身位であり、義満がたとえいかなる破格の待遇を受けようと、それは後小松天皇との関係に基づく。

義満は後円融(上皇)とは対立したが、天皇を頂点とする体制を損ずることは一切していない」(小川剛生氏)


義満への評価にとどまらず、歴史上の天皇と上皇の上下関係についての言及は、重要だろう。

98回の閲覧
  • Facebook Social Icon