• 高森明勅

足利義満「皇位簒奪」説は無理


足利義満「皇位簒奪」説は無理 金閣寺ゆかりの室町将軍、足利義満が皇位の簒奪を狙っていたという仮説。

それを否定する次のような指摘もある。


「義満の死後、朝廷は義満に太上(だいじょう)法皇の尊号を追贈しようとしたが、斯波義将(しばよしゆき)の意見で幕府はこれを辞退している。


…この太上法皇追贈をもって、義満が愛児義嗣(よしつぐ)を皇位につける遠謀をいだいていたと推定する見解もあるが、この尊号はあくまでも後小松天皇との関係で贈られたものであることを忘れてはならない。


義満にたいする上皇待遇は後小松天皇を離れては一歩たりとも自立しない性質のものである。


…そもそも皇統は天皇(の血)から発生するものであって上皇(の号)から発生するものではない。…義満自身も上皇に准ぜられたことはあっても、天皇に准ぜられたことはただの一度もない」(桜井英治氏)


見落としてはならない重要な事実だろう。

74回の閲覧
  • Facebook Social Icon