• 高森明勅

宮家と側室


宮家と側室


皇位の安定継承は、側室が不在でも傍系の宮家でカバーできるという意見がある。

しかし、楽観的すぎる。

皇位の継承と同じように、宮家の継承も側室に支えられて来た事実がある。

それ以前に宮家の創設自体が、側室を前提としていたケースもあった。


例えばいわゆる旧宮家の中の、明治天皇の内親王が嫁がれた“新設”の3宮家。

「皇女と結婚するがために宮家を立てられた」(浅見雅男氏)とされる竹田宮・朝香宮・東久邇宮の各宮家などを見ると、よく分かる。


これらの宮家の場合、どの宮家も、創設当時の当主(竹田宮恒久〔つねひさ〕王・朝香宮鳩彦〔やすひこ〕王・東久邇宮稔彦〔なるひこ〕王)も、その妃となられた内親王(昌子〔まさこ〕内親王・允子〔のぶこ〕内親王・聡子〔としこ〕内親王)も、皆様、側室のお子様(非嫡出)でいらっしゃった。具体的には以下の通り。


〇昌子内親王→ご生母は明治天皇の側室・園祥子

〇允子内親王→同上

〇聡子→同上

〇竹田宮恒久王→ご生母は北白川宮能久親王の側室・申橋幸子

〇朝香宮鳩彦王→ご生母は久邇宮朝彦親王の側室・角田須賀子

〇東久邇宮稔彦王→ご生母は朝彦親王の側室・寺尾宇多子


ちなみに、いわゆる旧宮家で今のところ存続可能と見られるのは、上記の3宮家系の他には久邇・賀陽ご両家のみ(他は既に断絶又は継嗣がおられない)。

ご両家創設の際の当主も、次の通り。


〇久邇宮朝彦親王→ご生母は伏見宮邦家親王の側室・鳥居小路信子

〇賀陽宮邦憲王→ご生母は朝彦親王の側室・泉亭静枝子


もし、これらのご生母となられた側室の方々がおられなかったら、上記の宮家は全て存在しなかったはずだ(つまり、いわゆる旧宮家はゼロに)。

それだけ、側室という存在の貢献は大きかった。

逆に言えば、側室不在という現実がいかに厳しいか。

その事実を私共は銘記する必要がある。

251回の閲覧
  • Facebook Social Icon