• 高森明勅

旧宮家案VS女性宮家案?

最終更新: 4月22日


旧宮家案VS女性宮家案?


皇位の安定継承を巡る議論には、様々な混乱や誤解がある。

旧宮家系国民男性の皇籍取得や女性宮家の創設それ自体が、安定継承の為の対応策であるかのような錯覚も、その1つだ。


旧宮家案については改めて述べるまでもあるまい。


女性宮家についても、皇位継承資格が明治以来の「男系男子」に限定されたままなら、殆ど意味を持たない。


女性宮家で授かったお子様は、男子でも女子でも「女系」なので、前記の限定が維持されていたら、皇位を継承できないからだ。

従って、皇位の安定継承を巡っては、旧宮家案か女性宮家案かという対立は、実は本質的な論点ではない。


そうではなくて、側室不在・非嫡出の継承否認の条件下で、元々伝統でもない「男系男子」という限定を、いつまでも維持するのか否かこそが、問われるべき核心だ。

93回の閲覧
  • Facebook Social Icon