• 高森明勅

皇室の祈りと国民の責任


皇室の祈りと国民の責任

皇室にとって、国民への「祈り」が取り分け大切な意味を持つことは、改め言うまでもあるまい。


では、その“皇室の祈り”とはどのようなものか。


上皇后陛下の明確なご説明がある。

「陛下が…国民の叡知がよき判断を下し、国民の意志がよきことを志向するよう祈り続けていらっしゃる」(平成7年)と。


これは、皇室が国民の為にひたすら祈って下さっているから、国民は皇室に頼って、ただ怠惰を決め込んでいればいい、というのとは対極にある。


国民がその叡知と意志によって、迷わずに正しい方向を選び取り、たゆむことなく自ら進路を切り開いて欲しい、という祈りだ。責任は全て国民にある。


国民は、気高く公平無私な皇室の祈りを“鏡”として、自らの主体性と責任で、運命に挑んで行かねばならない。そこを誤解すべきではない。

55回の閲覧
  • Facebook Social Icon