• 高森明勅

産経新聞の「僭越」


産経新聞の「僭越」

「僭越」という言葉がある。

「自分の地位・立場などを越えて、出過ぎたことをすること」(明鏡国語辞典)だ。

産経新聞(3月24日付)に載った論説副委員長、佐々木類氏の文章を読んで、この言葉を思い浮かべた。


その趣旨は、国内の新型肺炎の感染拡大に対して、「天皇陛下のお言葉を聞きたい」ということ。しかも、上皇陛下を引き合いに出して。何様かと思う。


天皇陛下が常に、私共国民に深くお心をお寄せ下さっていることは、これまでのなさりようから明らかではないか。新型肺炎についても、先頃のお誕生日に際しての記者会見で、特に言及しておられた。


感染拡大への対策は、政府・国会・国民が一丸となって取り組むべきことで、メディアも勿論、相応の責任を分担することが求められる。それらが、果たして十全になされているか、どうか。それこそが、問われなければならないはずだ。


にも拘らず、政府を含む国民自身の側の責任を銘記するよりも、早く国民を励まして欲しい、と陛下にオネダリする姿勢は、本末転倒ではないか。そんな甘ったれた根性では、「国難に立ち向かう」(同記事)もへったくれもあるまい。


天皇・皇室への依存心を肥大化させて、憲法に主権者と位置付けられた国民としての責任をなおざりにするようでは、情けない。天皇陛下の「おことば」は、それが象徴としての公的行為である場合、陛下ご自身の主体性が最大限、尊重されねばならない。


いつ、どのような“おことば”を下さるかは、当然ながら全て天皇陛下にお決め戴くべきことだ。新聞記者が僭越にもあれこれ指図(さしず)してよい領域ではない。

79回の閲覧
  • Facebook Social Icon