• 高森明勅

皇嗣殿下と皇居勤労奉仕


皇嗣殿下と皇居勤労奉仕


皇居勤労奉仕では忝ないことに、天皇陛下の他に皇太子殿下のご会釈も賜るのが通例だった。


私の体験を申せば、昭和時代には上皇陛下、平成の御代には天皇陛下から、それぞれ「皇太子」としてご会釈を賜った。まさに光栄の至り。


ところが、令和の“皇太子”はご不在。だから、私が昨年9月にご奉仕させて戴いた時も当然、ご会釈は天皇陛下のみ。「皇嗣」でいらっしゃる秋篠宮殿下は、ご会釈を厳格に“控えて”おられる。それは、「皇太子」というお立場とご自身のお立場との“違い”を、明確に自覚しておられるからに他ならないだろう。


既に前にも触れたように、宮中祭祀において、自らご潔斎(けっさい)の上、古式の装束を召され、殿内にて、天皇陛下とご一緒に、神事(しんじ)に“直接”携わられるのが、皇太子のお務め。しかし、秋篠宮殿下の場合はそうではなく、洋装(モーニングコート)にて、庭上でご家族や他の皇族方とご一緒に、普通に参列しておられる。


これも、皇太子と皇嗣との“一線”を深く弁えておられるが故だろう。

44回の閲覧
  • Facebook Social Icon