• 高森明勅

日本書紀の「女性リーダー」像


日本書紀の「女性リーダー」像


日本書紀に登場する代表的な女性リーダーの1人、神功(じんぐう)皇后。第14代・仲哀天皇の皇后だった。しかし、九州のクマソ征討の最中、天皇は急に崩御(ほうぎょ)された。


日本書紀には、自らクマソを討とうとされ、敵の矢に当たって亡くなられた、との一説も載せている。もしこれが事実なら空前絶後の出来事。


その後、神功皇后は神託を重んじて、クマソを背後から支援していると見られた、朝鮮半島の新羅(しらぎ)征伐を決意される。その時の皇后のご発言はおよそ以下のようだったという。


「戦役を起こして軍兵を動かすのは、国家の一大事である。もしそれが失敗に終われば、罪は重臣にあることになる。しかし、それは深く心が痛む。だから、私は女性であり、至らない身ではあるが、雄大な計画を自ら決断しよう。神のお力を戴き、重臣らの助けによって、かの国を攻めよう。もし事が成功すれば、それは重臣ら皆に功績があったからだ。失敗したら、私一人の罪だ」と。


まことに潔く、天晴れな勇断ぶりと言わねばならない。これが正確な史実がどうか。勿論、その真偽は保証の限りではない。


しかし、古代の日本人にとって、女性リーダーたる神功皇后なら、かかる場面において、必ずやこうしたご発言をされるに違いない、と信じられていた。そちらの事実は疑えないだろう。


少なくとも古代の日本は、決して“男尊女卑”の国柄ではなかった。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon