• 高森明勅

もし菅答弁が虚偽なら…


もし菅答弁が虚偽なら…


2月10日の菅内閣官房長官の画期的な答弁。もしそれが虚偽だったら。その可能性についても、念の為に考慮する。安倍政権ではこれまでも、しばしば虚偽・隠蔽などが見られたので(勿論、他ならぬ皇室に関する事柄で、国会で公然と虚偽を述べるなど、決して許されないが)。


その場合、いくつかのケースを想定できる。

その1は、水面下で旧宮家系国民男性らの意向確認(及び現状把握)を試みたものの、残念ながら望ましい結果が得られなかった(皇籍の取得を断られたり、身辺に問題を抱えていたり等)。そこでやむなく、そうした作業の事実そのものを否定したというケース。これはあり得るだろう。私自身も以前、そのような話を仄聞したことがある。


その2は、既に皇籍取得に応諾し、その他の条件もクリアした人物がいても、様々な反響を恐れて内密にしているケース。しかし、これは考えにくい。もしそうした人物が実際にいて、政府が“皇籍取得策”に本気であれば、可及的速やかに制度改正に乗り出すはず。なのに憲政史上最長の政権が続く中で、ここ何年も殆ど放置状態。その間に、結婚その他、当人の事情や心境が変わる可能性は高い。だから当然、急ぐ必要がある。にも拘らず、急ぐ気配がまるで無い。このケースは、ほぼ現実味が無いだろう。


その3は、これから(意思と現状の)確認作業に乗り出すつもりだが、予め障害が生じないように、ひとまず隠しているケース。だが、これも想像しにくい。旧宮家系男性の皇籍取得は、「男系」維持の唯一の解決策(?)として、一部の人々から早くより強く求められている。だから、もし政府がこの方策を取り上げるつもりなら、とっくにその作業に着手していなければおかしい。


結局、該当者を見つけられなかった「その1」以外は、リアリティーが無い。よって、菅官房長官の答弁が、万が一虚偽であったとしても、選択肢としては既に除外されていると考えるしかないだろう。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon