• 高森明勅

共産党と天皇



共産党と天皇


日本共産党にとって、元々「天皇制の打倒」こそ最大の“任務”だった(「32年テーゼ」他)。しかし、今はスタンスがやや異なる(志位和夫氏『天皇の制度と日本共産党の立場』)。産経新聞(1月17日付)に載った同党書記局長、小池晃氏のインタビュー記事でも、以下のような発言が見られる。


「野党連合政権に加わった場合、憲法で天皇の国事行為として定められている認証式に出席しない理由はありません。僕たちは現在の象徴天皇制度は認めるという立場です」と。


勿論、こうした発言の背景には、野党共闘をやりやすくする為の配慮もあるだろう。しかし、私のような世代には隔世の感を禁じ得ない。小池氏は、“宗教”についても、次のような言及をしている。


「正月は地元の神社にお参りし、家族の健康を祈るのが恒例です。『長生きしてほしい』という願いはいくら国会で頑張ってもかないませんので、医学の他には神様の力に頼るしかありません。共産党の世界観の根本は唯物論ですが、宗教が持つ役割を否定していません。社会主義・共産主義が実現したとしても、人々の病気に対する不安や人生の悩みが解消されるわけではありませんので、どのような社会になろうが宗教は残ると思いますよ」と。


そう言えば、この人は元はお医者さんだった。

65回の閲覧
  • Facebook Social Icon