• 高森明勅

昭和天皇のお言葉(続き)



昭和天皇のお言葉(続き)


昭和天皇のお言葉の続きを。


「戦争の終結につきては機会を失せざる様(よう)充分考慮し居ることとは思うが、人類平和の為にも徒(いたずら)に戦争の長びきて惨害の拡大し行くは好ましからず」(昭和17年2月12日、大東亜戦争開戦から僅か3ヵ月後には、既に戦争の終結を探っておられた)


「自分はいかになろうとも、万民の生命を助けたい」

(昭和20年8月14日、ポツダム宣言受諾を巡る御前会議にて)


「敗戦にいたった戦争のいろいろの責任が追及されているが、責任はすべて私にある」

(昭和20年9月27日、連合国最高司令官マッカーサーとの最初の会見で)


「戦陣に死し、職域に殉(じゅん)じ、また非命にたおれたものは、挙げて数うべくもない」(昭和27年5月2日、初めての全国戦没者追悼式)


「立憲君主であることが私の終生の考えの根本です」

(昭和54年8月29日、那須御用邸にて)


「適当な仕事をすることは苦痛ではなく、楽しみであり、健康にもよい」

(昭和56年4月29日、80歳のお誕生日を迎えられて)


「雑草という名前は、少し侮辱的な感じがして好まない」

(昭和59年8月31日、記者の質問に答えられて)


「いつの間にか、こうなった。大したことではない」

(昭和60年7月12日、84歳3ヵ月で記録の確かな歴代天皇の中で最長寿となられて)


「雨が続いているが、稲の方はどうか」

(昭和63年9月27日、癌に冒され死の床に伏されながら、この年の稲作の出来を心配されて)

56回の閲覧
  • Facebook Social Icon