• 高森明勅

天皇の「3つのお立場」



天皇の「3つのお立場」

いささか図式的な整理になるが。私がこれまで述べて来た「天皇の3つのお立場」と、昨年に行われた「3つの皇位継承儀式」(イ)、新年の「3つの正月行事」(ロ)、それから天皇の「3つのお務め」(ハ)は、それぞれ対応している。


先ず「3つのお立場」。

①皇祖の“系統と精神”の継承者(憲法2条に「皇位は世襲」と規定)。

②国家の公的秩序の頂点(憲法1条に「日本国の象徴」と規定)。

③国民結合の中心(憲法同条に「日本国民統合の象徴」と規定)。


これらの①と、皇位継承儀式の「剣璽等承継の儀」と「賢所の儀」(イ)が対応する。正月行事では四方拝・歳旦祭(ロ)に対応する。お務めでは皇室祭祀(ハ)。


②については、「即位礼正殿の儀」(イ)、「新年祝賀の儀」(ロ)、憲法に列挙された国事行為(ハ)が、それぞれ対応する。


③は、「大嘗祭」(イ)、一般参賀(ロ)、国民に寄り添われる公的行為(ハ)が対応している。そのように理解できるだろう。

58回の閲覧
  • Facebook Social Icon