top of page
  • 執筆者の写真高森明勅

皇室祭祀において天皇と皇太子が中軸であることの意味


皇室祭祀において天皇と皇太子が中軸であることの意味

皇室祭祀の中軸は天皇と皇太子である(佐伯有義氏『祭祀令注釋』、川出清彦氏『皇室の御敬神』、鎌田純一氏『皇室の祭祀』など参照)。


恒例祭祀の大祭に当たり、心身を清められて宮中三殿の殿内に入られるのは、天皇・皇后、皇太子・皇太子妃だけ(皇太子が不在である現在は「皇嗣」の秋篠宮殿下及び同妃殿下。


なお皇后陛下はご体調が万全でない場合はご遥拝、お慎み)。他の皇族は庭上の幄舎(あくしゃ)にてご参列。


小祭へのお出ましは天皇と皇太子のみ(但し、各例祭は祖先へのご敬意から大祭に準じる)。

皇室祭祀は本来、「天皇の祭祀」である点を第一義とする。最も古い由来を持ち、最も重い意義を有する新嘗祭では、神嘉殿の正殿に入られるのは天皇ただお一方だけである事実からも、そのことがよく分かる。


皇太子はこの時、隔殿の座におられ、神事の終わり近くに正殿正面“外側”の座にて拝礼をなさるにとどまる。天皇が神事に臨んでおられる間、隔殿の座において正座されたままであり、勿論、その座から正殿の中のご様子は、ご覧になれない。


元日の四方拝は天皇だけが行われ、天皇に差し障りがあれば取り止める。毎月1日、11日、21日の旬祭(しゅんさい)も天皇のみながら、11日、21日は侍従の代拝が恒例化している。


では、大祭・小祭に当たり、皇太子がご潔斎の上、殿内に昇られる意味は何か。皇室において天皇に次ぐ重いお立場で、丁重に祭祀にお仕えになられるご敬神の趣旨はもとより、その祭祀のご継承に遺漏無きを期する為でもあろう。


作法の習得のみならず、祭祀に臨む心構えを、歳月をかけて受け継がれることに重大な意味がある。この祭祀のご継承という点で、畏れ多いが、現状には不安を禁じ得ない。今は皇太子が不在で、天皇陛下とご年齢が近く、実際には即位されない可能性が高いと見られている、秋篠宮殿下が祭祀に当たっておられるからだ。


今のままでは、将来、皇位を継ぐべき方が一定の年月、宮中三殿の殿内で祭祀を直接、経験されたり、神嘉殿内で間近に神事の厳粛な空気に触れられたりされる機会が、全く失われてしまうことが危惧される。


祭祀の継承という観点からも、傍系の皇嗣でなく、直系の皇太子がより望ましいことは、改めて言うまでもない。皇室祭祀を重視していると言いながら、皇位の「直系」継承を軽視する人が

いるのは、不思議だ。



追記

3月11日、奈良において初めてのゴー宣道場が開催された。テーマは「女性天皇は中継ぎか」。

近頃、一部の週刊誌で取り上げられている賀陽家を巡る取り沙汰が、旧宮家プランの袋小路を示している事実も取り上げた。楽しく充実した回になったのではあるまいか。会場の熱気に励まされる思いだった。


当日、せっかくの休みを返上して、設営・運営に当たられた皆さんの使命感に、感謝と尊敬の気持ちを伝えたい。打ち上げ→二次会→三次会にまで残った精鋭(又は愛すべき飲んべえ)達に、

連帯のエールを送る。


画像:新嘗祭神嘉殿の儀に臨まれる天皇陛下(平成25年、宮内庁サイトより)

bottom of page