top of page
  • 執筆者の写真高森明勅

女性天皇は千年を越え、「男系男子」限定は近代以降百年余り


女性天皇は千年を越え、「男系男子」限定は近代以降百年余り

先頃、「“男系男子”二千年の伝統を守れ!」という言説に触れて、少しビックリ。


皇位の継承資格を「男系男子」に限定するルールは、明治の皇室典範以来のこと。

明治典範が制定されたのは、明治22年(1889年)。


だから、今から僅か百年余り前に過ぎない。一方、女性天皇は明治典範が制定される百年ほど前まで、普通に在位されていた(第117代・後桜町天皇、1762年~1770年)。


その女性天皇の最初は、周知の通り推古天皇(第33代・592年~628年)。だから歴史上、女性天皇が即位されてきた期間は飛鳥時代から江戸時代まで、優に千年を越える。


危機が迫る皇位継承問題については、歪みの無い歴史的パースペクティブの中で考えたら、誰でも容易に正解に辿り着けるはずだ。



追記

プレジデントオンライン「高森明勅の皇室ウォッチ」今月の記事が1月27日に公開された。


■記事URL


鈴木邦男氏が亡くなられた。

生前のご厚意に感謝し、ご冥福を祈り上げる。

Comments


bottom of page