• 高森明勅

皇后陛下を仮病扱いした「保守」知識人



皇后陛下を仮病扱いした「保守」知識人


もう10年以上も前になる。『WiLL』誌上で、西尾幹二氏による天皇・皇后両陛下(当時は皇太子・同妃)への常軌を逸したバッシングが、執拗に続けられた(当時の同誌編集長は花田紀凱氏)。それには後日談がある。


同連載を視聴率が稼げるネタと判断したのか、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」がテーマに取り上げた。私にも出演依頼があったものの、この時ほど迷ったのは珍しい。


出れば、西尾氏と真正面からぶつかるのは、避けられない。しかも失礼ながら、もし他の出演者が同氏を批判しようとしても、十分に粉砕する迫力に欠けるのではあるまいか(同氏への賛同者すら少なくない可能性もある)。


その点、他ならぬ皇室がテーマであり、皇室の尊厳をお守りしなければならないのであれば、私は情け容赦なく“撃滅”するだろう。

現に、同氏の皇室攻撃はどうしても撃滅する必要があった。従って、公的には是非とも私が出演すべきことは明らかだった。しかし当時の私は、個人的に同氏とそれなりに接点があった。


だから私情においては、そのような激突は極力、避けたいのが偽らざる気持ちだった。誰かが、同氏の暴論を見事、木っ端微塵にしてくれるなら、私が敢えて出るには及ばない。

そういう思いも強かった。だが、それは叶わぬ願いだろうと考え、私的な感情は捨てて、

出演を決意した経緯がある。


番組では、手前味噌ながら一応、私が果たすべき役割は果たせたように思う。

一旦、決断した以上、ためらいは一切なかった。それよりも、番組中、同氏がこんな放言をしたのが、忘れられない。


「雅子妃(皇后陛下)は来年の今頃には全快しています!」と。


出演者は皆、驚いた。司会の田原総一朗氏が当然、問い質した。「どうしてそう言い切れるのか?」と。その時、同氏は平然とこう言ってのけた。「だって仮病だから!!」。


この瞬間、同氏がそれまで言論人として築き上げて来た信頼感は、立ち所に失われた、と言っても、恐らく言い過ぎではあるまい。この予言(?)は勿論、外れたし、外れたことに対して、同氏が謝罪したとか、弁明したという話を(少なくとも私は)聞かない。


周知の通り、皇后陛下は今もご療養を続けておられる。この事実を、同氏はどう受け止めるのか。


【高森明勅公式サイト】

https://www.a-takamori.com/

高森明勅アイコン

神道学者 / 歴史家 / 天皇・皇室研究者  高森明勅公式サイト

Copyright 2021© AKINORI TAKAMORI