• 高森明勅

皇統問題、最後の戦い?

皇統問題、最後の戦い?


皇位の安定継承に向けた政府の検討。

いよいよ先延ばしできない局面に差し掛かった。


11月8日の「立皇嗣の礼」が終わると、本格的な検討に着手するというのが、これまでの約束だ。


しかし、政府の従来の国会での答弁の仕方を点検すると、この期(ご)に及んで、まだ見え透いたゴマカシに逃げるかも知れない。

さすがに旧宮家案は排除されても、油断大敵。


「皇族数の減少」についてだけ、“目眩(くら)まし”的に手当てをするポーズだけ見せて(場合によっては特例法も)、何より肝心な「安定的な皇位の継承を維持する」為の制度改正(この場合は皇室典範の改正が不可欠)は、更に先延ばしする可能性がある(悠仁親王殿下のご即位までは大丈夫…とか言い張って!)。


しかし、そこに手を着けなければ、もし「女性宮家」や「女性天皇」を認めても、必然的に“一代限り”にならざるを得ない(その場合、敬宮〔としのみや、愛子内親王〕殿下は一代限りの女性宮家の当主というお立場)。


それでは何の解決にもならないし、当事者の方々にとって非礼この上ないばかりか、率直に申し上げて残酷だ。


これから政府の検討が本格化した場合、「皇族数減少」だけへの“限定的”な対応(=皇位の安定継承“切り捨て”)という方向性をいかに遮断するかが、最大の焦点になりそうだ。


  • Facebook Social Icon