• 高森明勅

天皇と「日本国王」


天皇と「日本国王」


室町幕府の3代将軍だった足利義満(よしみつ)は、明(みん)の皇帝から「日本国王」の冊封(さくほう)を受けた。

それは確かな事実だ(正式には永楽帝から1404年)。

この“国王”の地位を「天皇の上」(今谷明氏)と捉える見方もある。

義満は天皇を超える“君主”としての立場にあった、と。

それが事実なら、歴史上、天皇以外の存在が、「国家の公的秩序の頂点」に位置した時代があったことになる。

だが果たしてそうか。

これについて、今の学界では批判説が有力だ。


「義満のめあては明との貿易にあったと考えるべきだろう。

明は『人臣(じんしん=臣下)に外交なし』を方針とし、国王以外には一切貿易を許していなかったから、明との公式な貿易を望むなら、明から『日本国王』に認定されることがどうしても必要であった。

義満の遣明使節に博多商人肥満富(こいつみ)と遁世者祖阿(そあ)という、一国の使者としてはおよそ器量不足の、しかし貿易のエキスパートとみられる人物が選ばれたのも、義満の真意がどこにあったかを率直に物語っていよう。


…『日本国王』号が天皇の権威に対抗しうる条件など、当時の日本国内にはまったく存在しなかったのである。

…当時の室町幕府首脳部は…義満は偽『日本国王』であるとの見解をはっきり打ち出している」(桜井英治氏)


「義満…が日本国内で『日本国王』を標榜して、その権威を振り回した事実はない。

『日本国王』という『肩書』を義満は通用させなかったし、またその『肩書』は権威として通用しなかったのである。

…明から『日本国王』に任じられたからといって、当時の権力・権威の構造からして、義満が室町国家の王権を掌握したということにはならない」(伊藤喜良氏)


「義満が求めたのは一にも二にも貿易の許可であった。

…明の皇帝から『日本国王』と呼びかけられ、『冊封』を受けたことで、義満の政治的地位に何らかの影響があったかと問われれば、否(いな)と言わざるを得ない。

つまり国内向けに『日本国王』を称したことはなく、廷臣も大名も『日本国王』として意識したこともない」(小川剛生氏)


この点について、室町幕府の6代将軍・足利義教(よしのり)の政治顧問だった三宝院満済(さんぽういんまんさい)が、天皇と室町幕府のトップとの関係について、興味深い発言をしていた。

明の皇帝からの書面を受け取る際に、恭しく拝礼する作法について、わが国の真の君主(天皇)がそのような丁重な作法をするのは問題。

だが、大臣以下がそのような作法をするのは古くから行われている。

相手が勝手に『日本国王』と思い込んでいるに過ぎない室町幕府のトップがそのような作法をしても、実際には君主ではないのだから何も問題にはならない、と(『満済准后日記〔まんさいじゅごうにっき〕』)。


そもそも、義満より前には後醍醐天皇の皇子・懐良(かねよし)親王が、勿論わが国の君主ではないのに、明の皇帝から「日本国王」に封じられていた(1371年)。

義満が明から「日本国王」に任じられたから天皇を超える真の君主だったなどと、現代の一部の歴史学者のような“そそっかしい”理解の仕方を、同時代の人は誰もしていなかった。

204回の閲覧
  • Facebook Social Icon