• 高森明勅

護憲派は「平和と民主主義」の敵か

矢部宏治氏は、戦後の日本が事実上

「軍事主権」を持ち得ていない現実を改めて実証した。

軍事主権を持たないとは

「戦争を“しない”権利」すら持たないという事。

それで果たして「主権」を

持ち得ていると言えるだろうか。

軍事主権を持たないのに、

主権だけは持つという状態を

想定出来るだろうか。

勿論、そんな事は無理だ。

そもそも主権自体を持ち得ていないならば、

憲法の基本原理として喧伝されて来た 「国民主権」も絵空事に過ぎない。

憲法が立脚するはずの

「国民主権」が虚構なら一体、 何の為の護憲か。

しかも、国民主権を虚構たらしめている原因は、

他ならぬ憲法9条だ。

にも拘らず、護憲派はその9条に

「指一本触れてはならぬ」と言う。

護憲派は、わが国の「軍事主権(=主権)」

がアメリカに奪わている状態を、

いつまでも固定化したいのか。

それは「平和と民主主義」を

売り渡す態度と言うべきだ。

0回の閲覧
  • Facebook Social Icon