• 高森明勅

天長節とは別に天長節祝日

大正天皇のお誕生日は8月31日。

だから勿論、大正時代はこの日が天長節だった。

ところが大正時代には、

この天長節とは別に「天長節祝日」があった。

それは10月31日。

天長節自体が祝日のはず。

なのに、2月後にこんな“祝日”があるなんて。

一般には余り知られていない事実だろう。

ましてや、その理由まで知っている人は

益々少ないはずだ。

これについて『原敬日記』に

「大暑中ニテ御儀式ヲ挙クル事困難」

(大正2年4月16日)と記している。

又、ベテランの宮内記者だった

星野甲子久氏はこう解説していた。

「大正天皇がお生まれになったのは

明治12年8月31日、残暑きびしい最中で、

諸官庁は午前中だけの半日勤務、

学校は夏休みの時期にあたっていた…。

こうしたきびしい時期に、(天皇のお誕生日を祝う) 国家の大事な儀礼を行うのはどうかという意見もあって、

いろいろ検討した結果、8月31日には(皇室祭祀の)

天長節祭だけを行い、宮中拝賀や宴会、

それから観兵式などは2ヵ月おくらせて

10月31日に行うこととするという

宮内省告示が大正2年7月18日に出されたのである。

8月31日の天長節に対し、

10月31日のは天長節祝日といった」

(『天皇陛下の365日―ものがたり皇室事典』上巻)

今のように冷房が完備されていない時代であり、

大正天皇のご体調に配慮したという事情があったかも知れない。

それでも現代の日本では俄(にわか)に想定しにくい措置だろう。

当時の大らかな雰囲気を感じる。

―なお、2月10日の海上自衛隊東京音楽隊

「祝天皇陛下御在位30年」演奏会に私が行けなくなった件は、 長男の彼女のお母様がお越し下さるとか。

座席指定券が無駄にならなくて良かった。

ちなみに海上自衛隊東京音楽隊は、天皇陛下の即位の礼、 皇太子殿下ご成婚パレード等の国家的行事や

「天皇陛下御在位20年をお祝いする国民祭典」

(平成21年)でも演奏を行っている。




88回の閲覧
  • Facebook Social Icon